「ほっ」と。キャンペーン

彦九郎と玉英堂

f0118194_20525846.jpg今月の初めのこと。

旦那のお店のお客様からショーゲキ的なかわいらしさのおまんじゅうを頂きました。

その名も「玉饅(ぎょくまん)」。

帰宅した旦那が、「『ぜひ半分に切ってから召し上がってください。』って仰ってたよ。」と言うので、半分にしてみたら、こんなにかわいい5層になりました。

なんともおめでたい。


そしてお味も本当に上品で、絶妙な甘さ。
子供たちがいなかったら私が二つとも食べてしまったことでしょう。



今日は友人の2ヶ月になった赤ちゃんに会いに行っていたのですが、たまたま玉英堂のお話しになり、工場兼店舗が近くにあるというのでちょっと足を伸ばして買って来ました。


f0118194_20585948.jpgこちらの店舗名は『彦九郎』。

たしかに同じお饅頭なのに、こちらで買うと『彦九郎まんじゅう』となっています。

あれ?

微妙に栗の形とか違うかなあ?(笑)



家に帰ってから子供たちと半分に切って頂きました。

やっぱり甘さも上品でとってもおいしい。

真ん中の栗もいいなあ。

お饅頭にしてはちょっと高価だけれど、特別嬉しいことがあったときに買うのはいいかも。

今日も特別お願いしはいないけど、お祝いの熨斗がけしてくださいました。

ちょっとしたお返しなどにちょうどいいですね。


さて、彦九郎でお買い物して包んで頂くのを待つ間に、栗蒸し羊羹とお茶をいだたきました。

こういうのも嬉しいですね〜。

栗蒸し羊羹も優しい甘さで本当においしくて自宅用に1本買って帰りたかったのですが、今日で今期の製造が終わったそうで全て売り切れてしまっていました。

残念。

また今年の秋ごろから販売するそうなので、忘れずに買いに行きたいと思います。

次は名物の『とらやき』を食べてみたいな。

そう出歩ける訳ではないけど、こうして時々東京のおいしいお菓子を和洋問わずに食べ歩きしたいものです。

勉強、勉強。
[PR]

by lavidafeliz_solso | 2008-01-29 21:13