「ほっ」と。キャンペーン

キッシュ

お店でお出ししているタルトの二番生地を冷凍しておいて、ある程度溜まったら晩ごはんにキッシュを焼いています。

f0118194_13175754.jpg


この日は自家製塩麹パンチェッタ、阿波の有機ほうれん草、下仁田ネギ。

他にはサラダとスープとパン、それに男子が大好きなお肉料理でお腹いっぱい。

オーブンが勝手に焼いてくれるからその間に別のお料理が作れるし、前もって焼いておくこともできるから年末年始のパーティーメニューにはもってこいですよね。

三男坊も元気です。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-12-06 13:25 | お料理

チョコムース*

急に冷え込んできましたね。

三男坊のお迎えで4時過ぎに外に出たら、寒いと言うより痛い!

これからの3ヶ月は寒さとの戦いです(笑)


寒くなってくると俄然食べたくなるのはチョコレート。
(私だけですか?)

f0118194_17341491.jpg


今日のパン講座@自宅のスイーツに作りました。

今シーズン初です。

やっぱりおいしい・・・。


f0118194_17351938.jpg

[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-12-01 17:37 | Sweets♪

スフレチーズケーキ

最近とても好きです。

f0118194_15121215.jpg


スフレチーズケーキ。

少し手間がかかるけれど、その価値ある忘れられない食感。


f0118194_15131345.jpg


いただきまーす。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-11-25 15:15 | Sweets♪

10/7(金)ベイクドチーズケーキ講座@瑞江

すっかり秋めいてきましたね~。

ここのところスイーツ講座などはこぶたラボのカフェでしかやっていませんでしたが、ぼちぼち自宅近辺でもやって行こうかと思っております。

その第一弾として、来週金曜日にベイクドチーズケーキ講座を開催することとなりました!

$おひさまの部屋

昨日のこぶたカフェでもやらせて頂いた講座の内容+ランチタイムには乳・卵不使用のおいしいパンを焼いてスープを作りますので、参加の皆さんに持ち寄って頂いたおかずで楽しくランチしちゃいましょう!という企画です。

ぜひぜひご参加くださいませ♪


【ベイクドチーズケーキ講座】

お店でも大人気の定番スイーツであるベイクドチーズケーキを作ります。
当日はデモで1台作り、焼成中に持ち寄りランチ。
デザートには前日に焼いておいたベイクドチーズケーキをご試食いただきます。

日時・・・10月7日(金)10時30分~2時(遅刻早退も可能です。ご相談ください。)
場所・・・東部フレンドホール 3F 料理講習室
定員・・・10名
参加費・・・3,000円
持ち物・・・エプロン、手ふきタオル、台ぶきん、食器拭き、おかず1品
申込み・・・こちらのフォームからお申し込みください。携帯電話からもご利用いただけます。
その他・・・お子さん連れも歓迎いたしますが、託児はおりませんのでご自身でお世話をお願いいたします。

《当日の流れ》
10時半~デモ、ケーキがオーブンに入っている間にランチ。
いただきますは12時目標。
1時頃からみんなでお片づけをして、2時解散の予定です。

その他ご質問等はコメント残してくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-10-01 12:45 | Sweets♪

レアチーズケーキ

f0118194_14555624.jpg


レシピを変えました。

ちょっと軽めの仕上がりのような?



安曇野のブルーベリーで作ったソースをかけていただきます。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-09-02 14:57 | Sweets♪

珈琲時間

f0118194_1231645.jpg

台風が近づき嫌なお天気。

雨が降り出す前にと慌てて掃除と洗濯を済ませてホッと一息のコーヒータイムです。


大好きな凛ねえさんが山形へ行くと買って来てくれる狸森珈琲焙煎所のコーヒーをHotで。

スイーツにタルトが登場すると、気分は一気に秋へ向かいます。

f0118194_12265774.jpg


安曇野で仕入れて来たフレッシュプルーンを焼き込んだタルト。

夏休みが終わってやっと訪れたひとり時間にのんびりいただきます。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-08-31 12:32 | お気に入り

この夏たくさん作ったものは・・・

お久しぶりの更新。

夏休みも終わり、なんとなーくほっとしたのでね(笑)
(うちのお兄ちゃんズが通っている小学校は8月25日が始業式です)

f0118194_951042.jpg


この夏、食べたくてしょうがなく、何度となく作ったものはカレー。

クミンシード、パクチーの根っこ(これがあったら最高に贅沢!)、シナモンカッシア、クローブなどと一緒に飴色になるまで炒めたタマネギと、フレッシュトマトがベースのあっさりしたカレーです。

クミンパウダー、ターメリック、コリアンダーなどなど、スパイスもたっぷり。

スパイスの香りとトマトの酸味、飴色タマネギの甘みで、三兄弟もモリモリ食べてくれます。

作るときに全く辛みを加えていないので、大人には盛りつけてから挽きたてブラックペッパーとレッドペッパーを振りかけて調整しています。

もちろん、パクチーも山盛りでね♪♪


そんなあっさりカレーには自家製シードルを合わせるのが気分です。


市販のカレールーを使ったカレーもおいしいけれど、夏には重い・・・。

それにカロリーも気になる・・・。


面倒くさがりな私ですが、その日の気分でスパイスを調合するのが楽しくて、三兄弟と「今日はカレーにしようか?」なんて話してると、スパイスや具材の組み合わせを想像してワクワクしてしまいます(笑)


私にこの楽しさを教えてくださったのは、パン作りの師匠でもある亜莉さん

女性のための”おいしい”と”きれい”を実現する小桃堂を主宰し、仙川でPan no meというスパイス&ベーグルカフェを経営しています。

亜莉さんのスパイス講座を受講してから、私の中の自然療法カテゴリーにアーユルヴェーダも追加されました。

おかげで今年は家族の中で誰1人として夏バテしなかったなあ。
(節電のために昼間のクーラー使用を禁止してたのも良かったのかも)

お兄ちゃんズも一緒のお昼ご飯には、簡単なそうめんが幾度となく登場したけれど、その時にもキムチを追加したりなどして調整していました。

そして、炒め物には必ず大量の生姜の千切り、お味噌汁には酒粕を少し(笑)

お肉は自家製塩麹に漬け込んでから調理したり、発酵食品にも助けられました。


まだ8月だけれど、すっかり初秋の風情になりました。

体は冬へ向かう準備を始めます。

ゆっくりと、ゆっくりと。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-08-29 09:08 | お料理

高木学校 板橋志保さん講演会『放射線について知ろう!』

江戸川区で活動しているサークル Happy mom's SolSolの企画のご案内です。
http://plaza.rakuten.co.jp/edogawa1solsol/
=============================

3月11日の地震発生以来、私達を取り巻く環境は一変してしまいました。

いつもと変わらないように見える青空、公園の木々、小鳥たちのさえずり。

しかし、それらも刻一刻と蝕まれているようです。


テレビで日々耳にするようになった『放射能』『放射性物質』『放射線』などの言葉も、わかるようなわからないような・・・。

シーベルト、ミリシーベルト、マイクロシーベルト。
ベクレル、ナノグレイ、シーピーエム。

一体ゼンタイ何の事やら。


子どもたちの健康に直ちに影響は無い、の『直ちに』ってどいう意味?

外部被ばくと内部被ばくってどう違うの?

影響は無いとかあるとか、全然わからない。



ウェブ上に公開してくださっている有志のみなさんの放射線量測定データや、チェルノブイリへのかけはしの計測担当の方と同行しての測定結果により、既に汚染されてしまっていることがわかっている我が江戸川区ですが、未だ独自測定をしていない(計画すら無い)(※1)のです。

江戸川区は、放射の影響を受けやすい年少人工が9.5万人と、東京23区内で最も高く、最も出生率が高いにも関わらずです。


※1 6/24、江戸川区HPに放射線量測定を実施することが発表されました。

さらには6月16日の日刊ゲンダイでは、かなり蓄積され高濃度に汚染された場所があることも明るみに出ました。

しかし、つい先日、東京都が江戸川区内4カ所の空間線量を計測したデータでは、全く問題ないという数値が出ています。

一体何を信じたらいいのでしょう。

区が対応してくれるのを待っている間にも、外で遊んでいる子どもたちはどんどん被ばくしているのは事実です。


事実、同じ公園の中でも広場の真ん中と隅っこにおいてあるベンチの下では、全く違う数値が出ます。

子どもたちが大好きなジャングルジムの下や、生えっ放しになっている隅っこの草むらなどは放射線が集まりやすい場所でもあるのです。


ですから、我々母親たちが放射線についての正しい知識と、確かな判断力を持たねばならないと、日々強く感じています。


そこで、医療被ばく問題や原子力問題に取り組んで来られた高木学校に講演会の依頼をいたしました。

今回お越し下さるのは、高木学校出前講師で私達と同じく母でもある板橋志保さん。
私達と同じように、放射線のこどもへの影響、環境、食物、小児ガンを心配なさっています。

中学生にもわかる理科を心がけてくださいますので、私達にもわかりやすいお話しになる事間違い無しです!

ぜひみなさんで放射能に関する知識を身につけましょう。

================================

高木学校出前講師 板橋志保さんの講演会
『放射線について知ろう!』


【日時】7月9日(土)10:30~12:30
【場所】タワーホール船堀 蓬莱
   都営新宿線 船堀駅 徒歩1分
    http://www.towerhall.jp/4access/access.html

【参加費】1,000円(当日受付にてお支払い下さい)
【申し込み】こちらのフォームに必要事項を記入して送信して下さい。
【その他】お子さん連れも構いませんが、保育等はございませんのでご了承下さい。


================================

☆板橋志保さんのプロフィール☆

45歳、女、東京都日野市在住(多摩動物園近く)、小4の母(シングルマザー)
東京都立大学大学院理学研究科修了。元々の専門は環境微生物学。環境(分析)化学や労働衛生に興味を持つ。
高木学校には最初から参加。市民科学者を目指すが、研究者にはなり損ね、現在は環境測定の仕事に従事=肉体労働の日々。
専門知識を専門家、大学の中で独占するのではなく、専門でない人々と共有したい。
毒や兵器を作るための科学でなく、人を幸せにするための科学。便利さは自然破壊でなくバリアフリーのために。
まわりを取り囲む化学製品や機械の問題点を理解し、健康と安全を守る。

専門家と言われるえらい先生方が、「安全です」一点張りであったり(根拠なく主張するのは宗教)、どうしたら良いかわからず、あてにならない。
としたら、原子力専門家ではないが、数字を読む根気位はある私も、知ってることを伝えねば!と考えた次第です。

本当は、科学批判でなく、自然の不思議さ、楽しさ、豊かさ、”楽しい科学”をそろそろ始めたかったのですが、、、いつになるやら(苦笑)。

================================

高木学校について
 科学技術特別委員会などでも放射線についての解説をしておられる崎山比早子さんも所属している団体。

 原子力資料情報室前代表・故高木仁三郎氏は1997年12月、プルトニウム利用の危険性を世界に広く知らせた科学的・社会的貢献によりライト・ライブリフッド賞を受賞しました。
 この賞は、平和や人権、環境など人類が今日直面する課題の解決に力を尽くした個人や団体に与えられるもので別名「もう一つのノーベル賞(Alternative Nobel Prize)と呼ばれています。
 その賞金と多くの方々の支援をもとに、市民の立場から問題に取組むことのできるオルターナティブな科学、「市民科学者」を育成したいという思いをこめて、「高木学校」の創立を呼びかけました。これに応えて全国から多くの人々が集い、1998年に「高木学校」がスタートしました。

【オペレーションコドモタチ参加者メッセージ】 崎山比早子

子どもの被ばくを放置するな 今も続く学校の放射能汚染

2011年5月20日 科学技術特別委員会 崎山比早子医学博士 質疑応答
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-06-23 01:42 | Happy mom's SolSol

ママチャリ便さんのナチュラルスイーツ講座

Happy mom's SolSolから、美味しい講座のご案内です♪
http://plaza.rakuten.co.jp/edogawa1solsol/

=======================
5月のアマゾネス肉ランチ会、スパイスご飯講座に引き続き、
6月もあります!おいしい楽しい講座のお知らせです~(^^)


卵・乳製品・白砂糖不使用のナチュラルスイーツが評判の、
ママチャリ便さんを講師に
「バナナマフィン」
「冷やしておいしい冷たいバナナケーキ」
の2点を作ります!

ママチャリ便さんのバナナマフィンは、蒸してもフライパン焼きしても、
オーブンで焼いても美味しく食べられる配合を工夫した優れもの!
蒸したケーキはご自宅でおやつに。
フライパン焼きのパンケーキは朝食に。
オーブン焼きのマフィンは友人宅を訪問する時のお土産に。

「冷やしておいしいバナナケーキ」も、
これがベジ?!ってくらいクリーミーなおいしさです!
これからの暑い時期のおやつにもってこい!

簡単で体にやさしい、しかもベジとは思えないおいしさ!の、
ママチャリ便さんのオリジナルレシピ2点を
教えてもらっちゃう豪華版のスイーツ講座です。

シンプルな材料で作るナチュラルスイーツは、
揃える材料も多くなく気軽に作れますし、
油っぽくなくてお片付けも簡単!
作りたい意欲まっさかりな子供と作るのにもお勧めです。

マフィン生地をアレンジしたいので、アレルギーのある方は
何のアレルギーかをお教え下さいませ。
今回は小麦粉・豆乳など使用します。

☆6/13ママチャリ便さんのナチュラルスイーツ講座☆

【日時】6月13日(月)10:30~14:00

【場所】東部フレンドホール 調理実習室
    
【定員】15名
※定員になり次第締切させていただきます。
 (若干名のキャンセル待ちはお受けさせていただく予定です)

【参加費】¥2500
※キャンセル料について
 事前の準備・材料費が発生するため、
 開催3日前(6月9日(金)~)以降のキャンセルは、
 キャンセル料1,000円(予定)いただきますので、
 ご了承くださいませ。
 (その際当日のレジュメはお渡し可能です。)

【ランチについて】
※今回はスイーツ講座のため、
 昼食に関しては持ち寄りランチ会にします。
 お一人につき一品持ち寄り形式となります。
 料理はちょっと。。。という方は、スープ用の野菜・具材を
 ぜひお持ち下さい♪
 時間の都合でお昼を食べない方は、持ち寄りは不要です。
※偏らないよう、お申し込み時に大まかでよいので
 何をお持ちになるか教えていただけると助かります!

【講師】ママチャリ便こと島崎愛
※8年前からママ達によるケーキサークルに参加してお菓子つくりに目覚める。
 その時の仲間にアレルギーを持つお子さんがいて
 子供と大人が一緒に食べられる 美味しいお菓子は作れないかと試行錯誤。
 のちにマクロビオティックに出会いさまざまなお教室に参加。
 2005年の秋から楽天ブログにてナチュラルスイーツの宅配便を始める。
 現在は9歳と6歳の女の子の子育てに奮闘しながら保育園でパートをして
 なおかつナチュラルスイーツレシピを開発中。

【お願い事項】
※子連れももちろんOKですが、
 託児はございませんので、
 各自自己責任でご参加お願い致します。

【持ち物】
 □手拭タオル
 □台ぶきん1~2枚
 □食器拭き1~2枚
 □子連れの方はおもちゃやおんぶ紐、抱っこ紐があると便利です。
 □筆記用具
 □エプロン(なくても大丈夫)

【申込方法】
※件名を「6/13ナチュラルスイーツ講座参加希望」とし、
 氏名、連絡先メールアドレス、ケータイ番号、お子さん連れの
 場合はお子さんの年齢を明記の上、下記メールアドレスまで
 お知らせくださいませ。

 happymomssolsol@yahoo.co.jp(担当;ひさよし・ひっこ)
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-06-07 13:03 | Happy mom's SolSol

『NPO法人 チェルノブイリへのかけはし』代表 野呂美加さんのお話会

Happy mom's SolSolの企画のご案内です。
http://plaza.rakuten.co.jp/edogawa1solsol/

==================

福島第一原発の事故後、東京でも放射能汚染が深刻な問題となってきました。
私達が住む江戸川区も例外ではありません。

そこで、北海道のNPO法人『チェルノブイリへのかけはし』代表の野呂美加さんをお迎えして
放射能に関するお話会をさせていただくことになりました。

==================
『チェルノブイリへのかけはし 代表 野呂美加さんのお話
会』
【日時】6月2日(木)10時〜12時
【場所】タワーホール船堀 303会議室
    http://www.towerhall.jp/4access/access.html
【定員】40名(残席5です。)
【お申し込み】お名前、メールアドレス、携帯番号、
   お子さん連れかどうかを明記の上、
   下記アドレスまでメールしてください。
   happymomssolsol@yahoo.co.jp
【参加費】かけはしへの寄付金として1,000円以上をお願いします。
【その他】お子さん連れも構いませんが、
出来ることなら信頼出来る方に預けての参加をお勧めいたします。
じっくりと野呂さんのお話を聞いて頂きたいからです。

==================

震災後、ツイッターを中心に情報を収集して行く中で、
北海道のNPO法人 チェルノブイリへのかけはし を知りました。
http://www.kakehashi.or.jp/

チェルノブイリの原発事故のあと、ベラルーシの子どもたちを北海道へ招き、
転地療養などの支援をして来た団体です。

かけはしのブログを読んで、このままではいけないと思いました。
でも、何をどうしていいのかもわかりません。

いても立ってもいられなくて、ネットで情報をかき集めました。
you tubeでチェルノブイリ原発事故の5年後、10年後を追った番組を見ました。
第五福竜丸の事故を特集した番組を見ました。

そして気付きました。

今、私達に起こっていることはそれらと遠くない。
いえ。
それ以上の出来事かも知れないのです。

遠くへ避難や移住したりすることも叶わないのなら、一体何が出来るのでしょう。

そう考えていた時に、かけはし代表の野呂美加さんのお話会が小金井市で開催されることを知りました。
5月22日(日)、義母宅から徒歩5分の会場。

気がついたら義母に予定を尋ねるメールを送信していました。

その日仕事だった義母も午後休を取ってくれ、上の2人を預かってくれたので、
三男坊を連れてでしたが、そのお話会に参加することが出来たのです。

結局のところ1時間弱しか会場にいられませんでしたが、そこで聞いた話は本当に衝撃的でした。
チェルノブイリをその目で見て来た野呂さんの言葉はとても胸に刺さるものですが、子どもたちを思う愛が溢れています。

この話をみんなにも聞いてもらいたい!!
そして、東京の”今”を一緒に考えていきたい、と強く思い、
翌月曜日にフェイスブックを通して野呂さんに連絡したところ、
「私は北海道へ戻ってしまいましたが、すぐに計測班が行きます!」とすぐにお返事頂き、
今日(5月25日)計測担当の方と瑞江と篠崎の何カ所かを計測してまわりました。

展開の早さもさることながら、改めてびっくり怖くなる数値です。

だけど、私達母親は怖がっているばかりではなく、行動に移さなくてはなりません。

ただただ、1人でも多くの子どもたちが健康に育って欲しいと願っているのです。

状況が悪化するに従ってどんどん上げられて行く”基準値”。
まるごと信じてもいいのでしょうか?

どうか、ひとりひとりが自分自身で基準値を決めて下さい。
その為には野呂さんのお話を聞いてみて下さい。

急に決まった開催だったので、小さなお部屋しか借りることが出来ませんでした。
ごめんなさい。
ご希望の方はお早めにお申し込みくださいますよう、お願いいたします。
[PR]

# by lavidafeliz_solso | 2011-05-29 16:39 | Happy mom's SolSol